MENU

SERVICE事業内容

包装資材販売

PadPak CC | 紙緩衝材システム

PadPakは、商品のクッショニング (緩衝) とブロッキング (固定) に使用可能な紙緩衝材システムです。専用のロール紙を機械へセットし、必要な時に必要な量の緩衝材を、梱包現場で簡単に製造可能です。特許取得済みの”ひだ”加工を付けたパッドは衝撃吸収力に優れており、製品輸送時に高い保護力を発揮します。

<商品説明>

PadPak CCは、輸送中の壊れ易いものや3~5kgの軽量物を梱包するのに理想的です。コンバーターはお客様のお好み次第で、1層紙・2層紙どちらのパッドを作ることもできます。可変性のあるバージンパルプクラフト紙による緩衝材が、現場・輸送中の課題解決に貢献致します。コンパクトな本体は、梱包作業スペースに合わせて作業台等の上にも置くことが可能です。

PadPak CCのメリット

メリット 01
機械への初期投資が必要ありません

出来上がった緩衝材を販売するのではなく、専用紙をお客様へご購入頂き、機械をレンタルして頂きます。それにより導入時の初期投資額を限りなく低減する事が出来ます。

メリット 02
お客様の現場におけるコストの削減に繋がります

PadPakは、必要な緩衝材を必要な量だけオンデマンドで自動生産が可能です。また、資材のロール紙1本分で、バラ緩衝材約5袋分に相当する為、資材の保管スペースの削減が可能です。

資材コストの削減
工数・人件費の削減
保管スペースの削減
メリット 03
脱プラスチックを推進し、環境に優しい資材を提供します

世界では年間4億トン以上のプラスチックを生産しています。数にしておよそ1億6,500万個。海には、毎年約900万トンのプラスチックが捨てられています。その環境を改善する為、現在は欧米を中心に、急速に脱プラスチックの気運が高まっています。RANPAKの紙緩衝材ソリューションは、100%リサイクル可能で環境に優しく、生分解性があります。

プラスチックによる海洋汚染問題
プラスチックによる海洋汚染問題
SDGsの取り組みへ貢献します

使⽤例・採⽤事例

電子機器の固定・ブロッキングに使用

軽量物のクッショニングに使用

軽量物のクッショニングに使用

導入分野

  • 電子機器や宝飾品の梱包
  • その他軽量物の梱包

PadPakシステム 機種別スペック 

機種名

PadPak CC

用紙仕様

2層ロール紙 (380mm x 180m)

機械サイズ

W510 x L810 x H550mm

機械重量

約50kg

説明

本体と専用紙が従来の半分程になったコンパクトタイプ。3~5Kg程度の軽量物、箱荷造りに最適です。エアパック、バラ緩衝材の代替品としてご提案します。雑貨通販、自動車パーツや精密機器で運用中。

機種名

PadPak LC

用紙仕様

1層折たたみ紙 (762mm x 300m)

機械サイズ

W830 x L1000 x H1660mm

機械重量

約100kg

説明

5~10Kgの軽量物、壊れやすい包装済み製品のクッショニング、隙間埋めに最適です。エアパック、バラ緩衝材の代替品としてご提案します。精密機器や医療機器、ガラス品などで運用中。

リンク

http://koike.grgr.red/archives/service/sizai/1667/

機種名

PadPak SR

用紙仕様

70g 2層ロール紙 (762mm x 175m)

機械サイズ

W944 x L1000 x H1930mm

重量

約175kg

説明

10~60Kg程度の重量物、大きく壊れやすい製品の梱包に最適です。エアー緩衝材、バラ緩衝材の代替品としてご提案します。自動車パーツ、バルブ、精密機械や医療機器で運用中。

リンク

http://koike.grgr.red/archives/service/sizai/1643/

商品の説明動画を⾒る

競合商品との比較データ

他の梱包緩衝材との比較データです。他プラスチック緩衝材と比べて、紙緩衝材が優れている事が理解頂けるかと思います。
お客様の梱包代替案、解決策等もご提案させて頂きます。

詳細はページ上部の問い合わせボタンより、お気軽にお問い合わせ下さい。

CONTACT

株式会社コイケへのお問い合わせは下記の
電話番号またはWebボタンよりお気軽にご連絡下さい。

電話番号からの受付
メールフォームからの受付