MENU

SERVICE事業内容

包装資材販売
ホーム事業内容包装資材販売FillPak TTC

FillPak TTC | 紙緩衝材システム

FillPakは、箱の中のすきまを埋める事によって、製品をダメージから保護するための紙緩衝材システムです。また FillPak は様々な作業環境に対応でき、プラスチック系緩衝材に比べ、様々な形のランダムな隙間埋め作業を効率的に行うことができます。

<商品説明>

FillPak TTCは、様々な商品を梱包する作業場での隙間埋めに最適です。バージンパルプのクラフト紙による緩衝材が少ない素材で優れた保護力を発揮します。1.4m / 秒の速度で、緩衝能力のある紙を自動的に作り出す機械にはカッター機能、緩衝材を任意の長さに設定する機能が有り、作業手順の効率化・標準化を図ります。TTCの設置面積はコンパクトで、テーブルに取り付けること、キャスターをつけて可動式にすることも可能です。

FillPak TTCのメリット

メリット 01
機械への初期投資が必要ありません

出来上がった緩衝材を販売するのではなく、専用紙をお客様へご購入頂き、機械をレンタルして頂きます。それにより導入時の初期投資額を限りなく低減する事が出来ます。

メリット 02
お客様の現場におけるコストの削減に繋がります

FillPakは、必要な緩衝材を必要な量だけオンデマンドで自動生産が可能です。緩衝材の使用量や目的別に最適な提案を行い、お客様の梱包作業の効率化を図ります。

資材コストの削減
工数・人件費の削減
保管スペースの削減
メリット 03
脱プラスチックを推進し、環境に優しい資材を提供します

世界では年間4億トン以上のプラスチックを生産しています。数にしておよそ1億6,500万個。海には、毎年約900万トンのプラスチックが捨てられています。その環境を改善する為、現在は欧米を中心に、急速に脱プラスチックの気運が高まっています。RANPAKの紙緩衝材ソリューションは、100%リサイクル可能で環境に優しく、生分解性があります。

プラスチックによる海洋汚染問題
プラスチックによる海洋汚染問題
SDGsの取り組みへ貢献します

使⽤例・採⽤事例

発送商品のすきま埋め梱包に使用されています

発送商品のすきま埋め梱包に使用されています

発送商品のすきま埋め梱包に使用されています

導入分野

  • メーカー倉庫、物流倉庫等、発送・梱包業務が多い現場
  • 玩具や雑貨品など軽量物の梱包
  • 電子機器や音響機器などの梱包

FillPakシステム 機種別スペック

機種名

FillPak TTC

機械サイズ

W430 x L450 x H460mm

製造速度

1.4m / 秒

重量

約10kg

説明

フットペダルで緩衝材の長さを都度調整可能で、必要量を大量・高速に製造可能。コンバータには自動切断機能があり、使用する紙の長さの調節ができ、作業の標準化、効率化が図れます。

機種名

FillPak TT

機械サイズ

W430 x L450 x H460mm

製造速度

1.4m / 秒

機械重量

約8kg

説明

切断カッターのついていない簡易タイプ。フットペダルで緩衝材の長さを都度調整可能で、必要量を大量・高速に製造可能。あらゆる場所に簡単に設置できる。

リンク

http://koike.grgr.red/?post_type=sizai&p=1728&preview=true

機種名

FillPak M

機械サイズ

W430 x L450 x H460mm

製造速度

手動で送り込み

機械重量

約4kg

説明

ミシン目の入った紙で、簡単に手動で取り扱い・切り離すことができます。電源やトレーニングは不要で、設置も簡単です。最小限のスペースで、あらゆる梱包環境に簡単に統合できます。狭い場所でも、組み立てたり保管することができます。

リンク

http://koike.grgr.red/?post_type=sizai&p=1731&preview=true

専用紙1

名称:TT 50g

仕様:50g 一層紙
長さ:380mm x 500M

専用紙2

名称:TT 70g

仕様:70g 一層紙
長さ:380mm x 500M

専用紙3

名称:TT Green Line (再生紙)

仕様:70g 一層紙
長さ:380mm x 500M

商品の説明動画を⾒る

競合商品との比較データ

他の梱包緩衝材との比較データです。他プラスチック緩衝材と比べて、紙緩衝材が優れている事が理解頂けるかと思います。
お客様の梱包代替案、解決策等もご提案させて頂きます。

詳細はページ上部の問い合わせボタンより、お気軽にお問い合わせ下さい。

CONTACT

株式会社コイケへのお問い合わせは下記の
電話番号またはWebボタンよりお気軽にご連絡下さい。

電話番号からの受付
メールフォームからの受付